るちみるちるちの部屋

     お気軽にコメント下さい(^^)ノ
     すっごく前の過去記事へでも
     とても嬉しいです。
   
<< ( ゜д ゜)こんな顔にしかなれなかった五輪フィギュアスケートの顛末 | main | 【フィギュアスケート情報】リンク集めてみました(・∀・) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
それでも彼女は鐘を鳴らし続けた
こんにちは〜。
今日はぽかぽか陽気でしたね。
花粉症の方には辛い日々……
かくいう私もいつもの鼻炎の症状なのか、さては…?
というしつこい鼻水に悩まされています(;_;)


フィギュアスケート関連の記事には、たくさんのご訪問を頂きまして、誠にありがとうございます。


こんな小さな日記ブログでも如実にアクセスが増しました。
巷の関心の高さをうかがわせます。

先日の更新で、情報量・考察に優れたサイトをご紹介しました。
ブログを更新するにあたって、そういった方々のブログ等を読ませて頂き、「こりゃ私が出る幕はないな」と思っていたのですが、折角文章を書く気力を持ち合わせているのだから、今現在の自分の思考を残しておこうかと、パソコンに向かっている次第です。
今回は真央ちゃんと「鐘」について思うことを。



まず最初に申し上げておくと、私は浅田真央選手の大ファン、と言うわけではありません。
どちらかというと彼女はシニアデビューして軽々優勝をさらっていった天才少女、というイメージが強く、好みのタイプではありませんでした。
鈴木明子選手の感情ほとばしる滑り。
中野友加里選手の意志のこもった眼差し、多彩なスピン。
そういった選手がどちらかというと好みで。

もっと言ってしまえば、2000年代よりも前。
伊藤みどり選手やフィリップ・キャンデローロ選手くらいまでが、強い憧れと感動を持って観戦していた頃でした。
姉と2人でスルヤ・ボナリー選手の滑りにわくわくしていたことが懐かしいものです。

そんな訳で、私は浅田選手を特別贔屓にしているわけでも、キム・ヨナ選手を憎いと思っているわけでも何でもないことは、はっきりと表明します。
どちらかというと幼い頃の感動を引きずって、ただだらだらと試合のたんびにTVに見入ってた、ルールにそう詳しいわけでもない、ちょっとしたフィギュア好きです。

なので主にTVなどのマスコミが浅田選手とキム・ヨナ選手を格別に取り上げて、ライバル対決をあおることを良くなく思っていました。
フィギュアスケートの選手はもっと沢山います。
日本は特に選手層が厚く、代表に選ばれない選手でもレベルが高いです。
どうしてフィギュア人気を盛り上げたいなら、そうした選手も取り上げないのだろう?

不満は更にあります。
男子の放送は深夜ってどういうことだ?
民放のカメラワークはへたくそ、実況はいらないこと言うし!
芸能人に応援させたり、選手にキャッチフレーズつけたりするのもやめてー!!

ぜい、はあ。

こうしたマスコミのフィギュアスケートの取り上げ方がとにかく気に食わず、不満を募らせているさなか、浅田選手を取り巻く不穏な状況が、特別にファンでない私にも伝わってくるようになりました。

フジテレビ 浅田真央
で検索すると、いくつかの情報・動画が今でも見ることが出来ます。

世界女王となった浅田真央選手をスタジオに呼び、安藤アナがインタビューする時、氷の溝にエッジがはまって転んでしまったシーンを目の前で再生してまで本人に説明を求めました。
それだけでなく、転んだシーンの写真を大きく引き伸ばして、セットの手前に飾る始末……
世界選手権で優勝した選手のインタビューですよ?

更に2008年のグランプリファイナルについて、「とくダネ!」では「浅田真央逆転Vも…キム・ヨナ“実力”に差」という特集が放送されました。
浅田真央選手とキム・ヨナ選手の演技の得点比較のパネルが用意され、「2人がともに予定していたジャンプをすべて成功していた場合、キム・ヨナ選手が得点で上回っていた」という内容でした。
この放送時には、衣装のセンスやCM数など「そりゃ関係無いんじゃないか?」ということまで言及し、キム・ヨナの方が優れている、と猛アピール。
……浅田真央選手がグランプリファイナル優勝後ですよ?

ちなみに「とくダネ!」の得点比較は浅田真央選手が予定していたジャンプを入れてなく、そのジャンプを加えると浅田選手の方が上であったとし、後日番組は謝罪しています。
放送時の解説は恩田美栄プロがしていたんですけどね。
しかも得点比較が間違いであったことは認めても、特集の構成全体がネガティブキャンペーンになっていたことを謝ったわけではありません。

2009年の四大陸選手権前には、公式練習中に他国の選手から妨害行為を受けたと、キム・ヨナ選手が発言し波紋を呼びました。
韓国のテレビ局SBSが「いつも日本人だった」とのテロップをつけたため、韓国では日本人選手に対するバッシングが過熱、モザイク入りで公式練習中の映像が動画サイトに上げられましたが、四大陸選手権のものではなかったり、キム選手でない選手の曲練習のものであったり……(その時かかっている曲の選手が優先して練習する慣例がある)妨害行為が事実であるとは認められないものでした。
「日本人とは言っていない」とのキム選手の発言でこの件はとりあえず収束しています。(じゃあなんだったんでしょうかねー)

浅田真央vsキム・ヨナというライバル競争を仕立て上げられつつも、マスコミからは何故かネガティブな対応をされ、キム選手の発言でいわゆる反日感情を煽られたファンから言われ無きバッシングを受ける。


浅田選手の心境はどのようなものだったでしょうか?


2009−2010のシーズンに入ってからはこれまでにない不振に陥りました。
得意としてきたトリプルアクセルが決まらず、グランプリファイナルにも出場できない。
挑戦している曲は、「仮面舞踏会」と「鐘」。
「仮面舞踏会」は前シーズンフリーで用いてきた曲です。
今シーズンのフリーはラフマニノフの「鐘」。

「鐘」はとかく重たーい曲です。
重苦しい単調なメロディ。
私は、何でこの曲を使うんだろう?と疑問に思っていました。
シニアデビューした頃の晴れやかで明るい曲調のものにしては、と。
そういう人は多かったようで、フリーの曲は変えるべきだ、とか、タラソワコーチとうまくいっていないんじゃないか、などという意見はスケート連盟にも多く寄せられたようです。


浅田選手がうまく滑れないのは選曲が悪いんじゃないのか。
プログラムが浅田選手に合ってないんじゃないか。

しかし浅田選手はフリーを「鐘」から変えることはありませんでした。


オリンピックの前哨戦ともいえるグランプリファイナルに出場できない間、浅田選手はジャンプの矯正と演技構成の調整、ひたすらに練習を積み上げてきました。
そして、オリンピック出場を勝ち取るための最後の大会、全日本選手権で浅田選手は今シーズンの不調を吹っ切るような見事な演技を見せました。
この瞬間、どんなにかほっとしたか。
ファンでない(もはやファンでなかったというべきか)私でさえも。
浅田選手がやっと「鐘」を自分のものにできたんだ!と感動しました。

正直もしかしたら不調の浅田選手はオリンピックに行けないんじゃないかとさえ思ってました。
好調の鈴木選手と執念を燃やす中野選手、この2人が浅田選手を上回ることもあるのでは?と思っていたので、意地を見せた浅田選手には本当に驚きました。


思い込みだと一蹴されるのを覚悟ながら言うと、「鐘」はこれまでの浅田選手の受難を物語るように感じるのです。

マスコミの冷遇、言われ無きバッシング。

しかし浅田選手自身がそういったことへの不満を、口にしたところを見たことがありません。
彼女はただ演技で、表現してきました。
スケートへの情熱、自分の苦しみ。
「鐘」の持つ重苦しい運命の調べにのせた、悲痛なまでの力強い思い。
これほど激情を表現した滑りを、私は他に知りません。


記事のボリュームが半端無いことになるので今回は詳しく取り上げませんでしたが、バンクーバーオリンピックで一般視聴者にも広く露呈した採点方式の問題も、彼女をひどく苦しめてきたであろうことは言うまでもありません。
ましてや自身がジャンプの回転不足をとられるだけでなく、「運命のライバル」とまで称されたキム選手には謎の「爆加点」が与えられ続けてきたのですから。

ミスはあったものの、オリンピック女子フィギュアスケート初のトリプルアクセル2回成功にまで、浅田選手が完成させてきた「鐘」は、私はフィギュアスケート界への「警鐘」だと考えています。(SPとFPで3回ですね)
ISU、日本スケート連盟は勿論のこと、人気取りばかり考えるマスコミへもその「警鐘」は向けられるべきでしょうです。

今回のことで、きらびやかさばかりとらわれルールと競技のあり方についてきちんと着目してこなかった自分自身も、非常に反省しました。
「好きだけど、ルールや採点は詳しくわからない」では、フィギュアスケートの未来は守れません。

浅田真央選手があれほどの素晴らしい演技で鳴らした「鐘」を、これっきりの感動で収めるのではなく、フィギュアスケートの未来に生かしていかねばならないと、ファンとしても行動してゆかねばならないと痛切に感じたのです。


真面目に語っちゃったので、よければお口直しにこちらでもどうぞ↓
http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC
おちゃらけてるけど、選手の説明とか何気によくわかって作ってて泣けます(;_;)




**この記事のために情報を参照したサイトは後日リンクをあげさせて頂きます**

↓追記↓
【フィギュアスケート情報】リンク集めてみました(・∀・)



| るちみ | フィギュアスケート | 23:57 | comments(6) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:57 | - | - |
はじめまして。

私も最初は浅田選手はあまり好きではなかったのですが、
今回の件で、本当に凄い人だと感心しています。

>「鐘」はこれまでの浅田選手の受難を物語る

の部分、まさにその通りだと思います。
あの演技を見て、体が震えるような感覚に襲われました。
銀河点金メダリストの演技からは「退屈」しか感じなかったのと対照的です。

そして「鐘」という曲には元々「警鐘」の意味があるそうで、
タラソワがフィギュア界への警鐘を浅田選手に託したものだと思います。

本当に今回のことは、一生語っていきたいですね。
| ますみ | 2010/03/09 10:12 PM |

>ますみさま

コメントありがとうございます!!

>あの演技を見て、体が震えるような感覚に襲われました。

全日本の時に私も全身がぞわっとし、バンクーバーではステップの表情を見て泣きそうになりました。

>タラソワがフィギュア界への警鐘を浅田選手に託したものだと思います。

ほんとですね。
一部報道にタラソワバッシングのニュアンスが読み取れますが、NHKスペシャルでタラソワコーチが録画してある浅田選手の演技を見ながら、「あなたは強い人間よ」と呟きながら涙を流していたのが印象的です。
それほどにタラソワコーチは浅田選手に期待し、浅田選手も応えていたのだと感動しました。

>本当に今回のことは、一生語っていきたいですね。

沈黙は金、ではないようですので、市井のわずかな声でも発信していこうと思っています。
頑張っていきましょうね、ますみさん(^-^)
コメントとても嬉しかったです。
ありがとうございました☆
| るちみ | 2010/03/10 10:02 AM |

浅田選手の「鐘」。あれはまさに警鐘だったと思います。
彼女があの重苦しくて難しい曲を周りの騒音があっても絶対に変えなかったこと、そしてトリプルアクセルをSP、FPに計3回も入れたこと、これはすべて今の採点方法の問題点や、浅田選手をつぶそうとする目に見えない大きな力と金の存在を一般市民にも知らしめるための警鐘だったのだ・・・とバンクーバーのフリーが終わったあと気がつきました。

もし彼女が、キムヨナ対策として無難な、点数を取るためだけのつまらないプログラムを滑っていては、全く平凡な点数が出るだけで、ヨナに付く爆加点の不可解さが際立つことは無かっただろうと思います。トリプルアクセル3回!という前人未踏の見返りは銀メダルだけではなく、彼女のアスリートとしての偉大さと、あの問題だらけの採点方法の異様さを浮き彫りにしてくれたと思います。
| ゆうきち | 2010/03/15 1:03 PM |

>ゆうきちさん

コメントありがとうございます!

>もし彼女が、キムヨナ対策として無難な、点数を取るためだけのつまらないプログラムを滑っていては、全く平凡な点数が出るだけで、ヨナに付く爆加点の不可解さが際立つことは無かっただろうと思います。

本当にそうですね。
リストの「愛の夢」もフリーの曲候補としてあげられていたようですが、「鐘」の方を選択してここまで完成させてきた、彼女のアスリート根性は素晴らしいと思います。
いつかは「愛の夢」のプログラムも見たいものですが(^^;

今シーズンは得意のジャンプが決まらない絶不調に悩まされ、グランプリファイナルへの出場もかなわなかったのに、「鐘」を変えずに滑り込んできた浅田選手の姿は、「鐘」というプログラムにそのまま反映されて、曲そのものが持つ重みと共に、更に凄みを増して見るものに伝わってきたような気がします。
| るちみ | 2010/03/17 9:58 PM |

はじめまして。
こちらの文章を読んで、本当に感動しました。
浅田選手へのマスコミの態度は、持ち上げたり・大騒ぎしたり・対立をあおってプレッシャーをかけたり・無
神経に失敗をクローズアップしたり、酷すぎるのもいいところです。
オリンピック以降、「この番組は見る。」と決めた週に4〜5時間以外、TVに不信感を感じ、スイッチを付け
るのも嫌になりました。

私のブログでは、コピー&ペーストが多いですが、自分なりに見逃せない、絶対に書き残しておきたい、と
思ったものを選んで記録しています。2本TBさせて頂きました。
| berrysoda | 2010/03/24 1:18 AM |

>berrysodaさま
コメントありがとうございます!
TB承認させて頂きます。
そちらの記事も拝見しました。
私もオリンピック前に地デジチューナー付きHDDを買ったので、今は見たい番組を録画で見ています。
惰性で見るには、今のテレビはストレスが多すぎますね。
浅田選手を始め、真摯にスポーツに臨むアスリートが不利にならないよう、声を上げていきましょう(^^)
| るちみ | 2010/03/24 1:48 AM |










ブログのアクセスアップについて!(やり過ぎは注意です…汗)
こんばんは、今日も秦基博のCDを聞きながらブログを書いています。
| ブログアフィリエイトで月収を超える方法(コジブラ編) | 2010/03/17 10:37 PM |
世界選手権の前に・・1
トリノでフィギュアスケートの世界選手権がありますが、「女子シングル」の日程の前に一言。 オリンピックでのあまりにひどいキム選手への「爆加点」には、本当に呆れました。 審判団は本当に腐っています。 2/27付けの記事ですが、日本連盟が真剣にこの不正な状況をた
| クランベリーソーダと読みかけの本 | 2010/03/24 1:08 AM |
世界選手権の前に・・2
もうひとつ、オリンピック・フィギュアでの見逃せない醜い事態がありました。 生中継していたテレビ東京では、エキシビションの前半と後半の間は違う競技のダイジェストを流していたようですが、NHKの再放送を見て愕然としました。 エキシビションの前半と後半の間
| クランベリーソーダと読みかけの本 | 2010/03/24 1:08 AM |

Ferretアクセス解析
一番上へ